株式会社兼松仏具

トップ会社概要お問い合わせ会員専用ページ

打敷の由来

打敷(うちしき)は須彌壇や前机などに掛ける荘厳具の一種で、打布あるいは卓袱とも書く。
  [菩提場荘厳蛇羅尼経]に(堤の幢の中に於獅子座あり、閻浮檀金を似て成るところの七宝荘厳成り、種々の天の妙服を以てその座上に敷く)とあり、そのほか「過去現在因果経」や「観無量寿経」などに如来の座や通路に鹿皮の衣や、衆宝の妙衣を敷くなどあり、しだいに仏前荘厳に用いられるようになったものという。

  仏教で用いる打敷は須彌檀の前の前机(前卓)のみでなく、須彌檀上の小型の前卓(上卓)にも、また礼盤の前に置く向卓にも、さらに礼盤の左右の脇机にもこれを用いることがある。 打敷は顕密を問わず用いられるが密教では主として長方形のものを使用し、浄土教系の寺院では三角式のものを多く用いる。

  又、打敷には、如来様あるいは御先祖様の舞い降りられる所にひく、敷物、あるいはお衣と言う意味があり、人間同様四季それぞれの季節に応じて仏壇の打敷も冬物から夏物、夏物から冬物へと取り替え、高価な物は、法要の時に使用し、普段の物は常に御先祖様を心地よくお迎えできるよう七年を周期として取り替える事がよいとされています。


鎌倉新書「仏具大事典」より

株式会社兼松仏具 名古屋市中区橘1丁目4番13号